AID/スルーパス 運営公式ブログ

スマートフォン向けアドネットワーク「AID(エイド)」、SSPの「スルーパス」運営チームの公式ブログ。
Android/iOS向けのマネタイズプラットフォームとして、
開発・DL数拡大・収益化をテーマとした記事を更新していきます。

2014年03月

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はUnityを勉強する際にとても参考になる本を頂きましたのでご紹介します!

Unity4 ゲームコーディング

本ブログで連載しているUnityでアプリを作る際に参考にした本が下記のUnity4入門という本なのですが、
大変ありがたいことに、Unity4入門筆者の荒川様がこのブログをご覧頂いてた事がきっかけで、先月お会いさせて頂いておりました!
4797374902_m
Unity4入門  最新開発環境による簡単3dゲーム製作


そして先日、新たに出版されたUnity本をプレゼントしていただきました!
それがコチラ!
_SL500_AA300_
Unity4ゲームコーディング 本当にゲームが作れるスクリプトの書き方


Unityでゲームを作る際に役立つ様々なスクリプトが記載されております!

実際にUnityでゲームを作っていて感じたのですが、確かに簡単に動くアプリが作れるのですが、ゲームとしてやりたい動作を実現させるにはやはりある程度はスクリプトが書けないと難しいと感じました。

こちらの本では様々なスクリプトが丁寧に解説されていますので、Unityをこれから始める方は勿論、その次のステップの方へも大変オススメです!

私もこの本を熟読し、Unityの勉強をしていきたいと思います。
荒川様、ありがとうございます!

この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Flow Free

調べてみると、2012年6月リリース後、約2年間アメリカの無料総合ランキングで150位以内を維持しているロングヒットアプリです。最高順位は2位で、最近も100位あたりを行ったり来たり。

この「Flow Free」は、碁盤目状のマスに置かれた2つの同色の点を線で結ぶパズルゲーム。他の線とかぶってはいけないところが難しいポイント。

ステージ制で、段々とマスが増え難しくなっていくに連れ、正解した際の快感度が上がっていきます。

レベルが高くなってくると本当に難しいのですが、、そんな時にユーザーをサポートするのは「ヒント課金」
シンプルな仕組みで「100円で5ヒント」、「300円で20ヒント」の2パターンのみ。(1ヒント使用すると正しい線が1本引かれる)

これで課金されるのかなぁ、、とも思っちゃいますが、
なんと、アメリカのトップセールスランキングでも約2年間200位以内を維持。
キャンディークラッシュのステージ制と課金の関係性も似ていますが、"答え"ではなく、あくまでユーザーが自力で回答する為の"ヒント"に課金させる、というのがこうしたパズルゲームではハマるのかもしれません。

▼動画30秒目あたりがヒント課金のポイント
 

「Flow Free」

碁盤目線引きパズルゲーム
AppStore
GooglePlay


■ここが匠
難解なステージ×ヒント課金の組合せ

■その他情報
ステージアンロックの課金要素もありますが、おそらくヒント課金で成功しているのかなと。

====================================
AID公式ブログの定期購読はこちら

◎Facebook: https://www.facebook.com/LIVEAID.inc
◎Twitter: https://twitter.com/SP_News_aid
====================================

この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はiPhoneの無料アプリランキングTOP100にランクインしているアプリで、非プローモーションかつ広告モデルのアプリを調べてみました!
自力でランクインしているアプリですので、企画のご参考にどうぞ!
iosrank

■選定基準

  1. 無料アプリランキングTOP100にランクイン
  2. 仮想通貨の課金は無し(広告解除など限定的なものは除く)
  3. 懸賞などポイント系アプリは除く
  4. 定番アプリ(GoogleMapなど)は除く
  5. 有料プローモーションを実施しているものを除く(わかる範囲で)
  6. 企業系アプリやクーポン系アプリは除く

iOSアプリ無料ランキング(2014/3/20現在)

順位 アプリ名
5 チャリ走3rd Race
19 かわいい顔文字「かおもじシンプル」
26 超簡単!体重管理ダイエットbyだーぱん
27 脱出ゲーム「それでもやっぱりあいつ勇者やめるって」
42 無料で音楽聴き放題!!DropMusic
46 脱出ゲーム冒険島
48 QRコードリーダー for iPhone
55 謎解きゲーム~赤ずきんの謎解き物語~RedRidingHood
57 脱出ゲーム unReal:origin
61 聴力テスト
62 無音カメラ
68 モンスト攻略
70 無料携帯電話スキャナー&バーコードリーダー【アイコニット】
74 SLIDE MOVIES
77 プリ画像
79 神アプリや小技・裏技紹介-トリセツ for iPhone
80 脱出ゲーム Hat
85 つめこめおっさん
86 鬼ピンポン
87 鬼こぎ
90 BeautyPlus --プリクラ並みに盛れる神カメラ!盛り写メを撮ろう!
95 かわいいコラージュ文字入れスタンプ写真Petapic!
97 パズドラ攻略

こうしてみると脱出ゲーム・カメラアプリ・スタンプ系アプリの割合が多いです。
逆に数は少なく上位にいるアプリは競合が少なく需要が大きいため狙い目かもしれませんね!

この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は弊社のAIDをUnityアプリに導入する際の手順を書いていきたいと思います。
大まかな流れとしては、
1.SDKダウンロード
2.オブジェクト設置
3.ID入力

の三点ですごく簡単です!

第11話 アプリにAID(広告)を導入してみる

まずはAIDの管理画面からUnityのプラグインをダウンロードします。
Unityのバージョンによって使用するプラグインは異なります。
2

SDKのダウンロードが完了したら、広告を導入したいプロジェクトのSceneを開きます。

1

次にダウンロードしたUnityプラグインのSDKフォルダを開きます。

3

SDKフォルダにあるAIDプラグインのunitypackageをダブルクリックします。

4

すると、Unity上でimporting packageが立ち上がるので、
importをクリック!!

5

これでプロジェクトにAIDプラグインのimportが完了です。
続いて、ProjectビューのAidAd.Communication>ObjectsにあるAidManagerというプレハブをHierarchyビューにドラッグ&ドロップします。

6

続いて、Hierarchyビューに置いたAidManegerを選択し、Inspectorビューに情報を入力していきます。

Ads_Type_popuptext
⇒画像版はそのまま、ポップアップテキスト広告の場合はチェックを入れます。

Aid ID
⇒広告枠作成時に生成される「メディア識別コードを入力します。

7

これで完了です!
非常に簡単ですので、Unityでアプリを作られた際には是非試してみてください!

この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリを開発する際に、iOS、Android両対応をどうするのか、、そんな悩みを解決してくれるクロスプラットフォームのサービスが充実してきていますね。

今回は、そんな主要クロスプラットフォームに関して、以下の観点でまとめてみました。

開発言語どの言語で開発できるのか
日本コミュニティ質問・相談したい際に問い合わせできるような日本のコミュニティ
入門コンテンツ動画やドキュメントでまとまっている無料の入門コンテンツ


1.Unity
unity
http://unity3d.com/

・開発言語: C#、JavaScript
・日本コミュニティ: Unityユーザー助け合い所
・入門コンテンツ: Unity入門(ドットインストール)
・AID主催Unityハンズオン動画:


2.cocos2d-x
cocos2d-x
http://www.cocos2d-x.org/

・開発言語: C++、Lua、JavaScript
・日本コミュニティ: cocos2d-x.jp
・入門コンテンツ: 原宿cocos2d-xゲームアプリ開発者同盟


3.Titanium Mobile
titanium
http://www.appcelerator.com/titanium/

・開発言語: HTML+JavaScript(+CSS)
・日本コミュニティ: Titanium Mobileユーザー会
・入門コンテンツ: Titanium Mobile入門(ドットインストール)


4.Corona
corona
http://coronalabs.com/

・開発言語: Lua、ActionScript
・日本コミュニティ: 日本コロナの会
・入門コンテンツ: Corona入門


5.PhoneGap
phonegap
http://phonegap.com/

・開発言語: HTML5+CSS+JavaScript
・日本コミュニティ: PhoneGap UserGroup
・入門コンテンツ: PhoneGap Fan


6.monaca
monaca
http://monaca.mobi/ja/

・開発言語: HTML5+JavaScript
・日本コミュニティ: Monaca フォーラム
・入門コンテンツ: Monaca DOCS


7.Adobe AIR
adobeair
http://get.adobe.com/jp/air/

・開発言語: ActionScript3.0、HTML + Javascript
・日本コミュニティ: Adobe Community
・入門コンテンツ: いまさら聞けないAdobe AIR「超」入門


8.Herlock
adobeair

https://herlock.do/

・開発言語: JavaScript
・日本コミュニティ: Herlock Facebookページ
・入門コンテンツ: Herlockで始めるネイティブアプリの実装


■まとめ

新しい言語やツール等を勉強していくにあたって、自分なりに本を読んでトライ&エラーして、
という流れになると思いますが、気軽に質問・相談できる場があると心強いですね。

上記コミュニティや入門コンテンツの中には、実際に勉強会などリアルな場でも、
情報交換をしているものもございました。

これから開発される方はもちろん、既に開発中の方も、宜しければご活用頂ければと思います。




この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。





aid_200

このページのトップヘ