今回はAndroidアプリのマーケティング基礎について、書きたいと思います。

Google Playの癖を掴み、基本を抑えましょう!

Androidの公式ストアであるGoogle Playは検索エンジンGoogleが運営しています。
Google Playの検索もGoogle検索エンジンのアルゴリズムを元にアプリ用にカスタマイズされ進化したものと考えられます。

そのため、WebサイトのSEOに近い考え方で置き換えると分かり易いかと思います。
検索エンジンは検索したキーワードと関連性の高い検索結果を表示するようになっており、キーワードとアプリとの親和性が高ければ上位に表示されやすくなっています。

また、Google PlayはApp Storeより検索精度が高く、カタカナで記述してあったとしてもひらがなで検索した際にも認識されます。(App Storeは認識しない)

ただし、やはり完全一致のほうが関連性が高いとみなされるためひらがなとカタカナの両方で表現されるような文言の場合はどちらともカバーする必要があるかもしれません。

1.タイトルが最も重要!!
タイトルに検索したキーワードが含まれている場合、検索結果の上位に表示されやすくなります。
特にタイトルの前方にあるキーワードがより効果が高くなります。
cats
また、スマートフォンで検索した際の結果で表示されるタイトルは全角14文字なので、表示される範囲内でどのようなアプリなのかわかるようなタイトルにしましょう!
Screenshot_2013-12-12-17-02-12

2.説明文も重要!!
説明文もタイトルほどでは無いものの、検索結果に影響を及ぼします。
説明文は文字数の制限が最大4,000文字(2013年12月現在)ですので、競合の少ない検索候補ワードなどのロングテールワードを満遍なく挿入すると良いでしょう。

【説明文の施策例】
・時事ワードの追加
例えばアプリのコンテンツとしてお正月やクリスマスなど季節や時事関連のものがあるとします。そういったKWはその時期が近くなると検索ボリュームが増加するので、コンテンツとして提供している場合は説明文に組み込んでみましょう。

・フリガナ、英語、別名ワードの挿入
英語、フリガナ、別名などでもユーザーは検索しています。
例えば「待ち受け」であれば、”待ち受け(壁紙)”や「着信音」なら着信音(着メロ)などKWの後ろに”KW(○○)”というような挿入の仕方が有効です。
ssssss
3.アプリのDL数と有効インストール、起動率など
Google Playでは、アプリのDL数と有効インストールや起動率などアプリのポテンシャルに対してスコアを付けていると考えられます。
Webサイトで被リンクと呼ばれる他サイトからのリンクと同じような考え方です。
より多くダウンロードされていて、より頻繁に利用されているアプリは良いアプリという評価をGoogle側で判断し、検索でも上位に表示されやすくなっています。

ASOはあくまでも検索エンジンに対して最適化を施すDL数を伸ばすテクニックです。
良質なコンテンツはGoogleから評価されますので、本質となる需要がありユーザーが何度も利用したくなるかつ長期間使えるアプリを作る事が重要です。

※ASO・・・アプリストアオプティマイゼーションの略称でアプリストアで上位表示させるための最適化施策の名称。SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)のアプリ版。

※被リンクとは・・・他のWebサイトからのリンク。権威のサイトなど社会的に価値の高いサイトからリンクされているサイトは良いサイトとして判断するGoogle検索のアルゴリズムの一つ。
例えばGoogle検索で”18歳以下”と検索するとYahoo!やGoogleが上位表示されるのだが、これはアダルトサイトのTOPページから大量の"18歳以下"というテキストリンクが貼られているため。

4.ランキングは?
Screenshot_2013-12-13-12-27-33
Google Playのランキングは大きく分けると6つあります。
・人気(有料)
・人気(無料)
・売上トップ
・人気の新着(有料)
・人気の新着(無料)
・最新

これらは総合とカテゴリ別に分かれており、総合のランキング上位に入る事が出来ればDL数を大きく伸ばすことが可能です。
DL数、有効インストール数、アクティブユーザー、レビュー数など様々な要素がスコアとして算出されランキングを決めており、アルゴリズム自体は公開されていませんがランキング上位アプリの傾向からある程度は読み取る事が可能です。

■人気(無料/有料)
Screenshot_2013-12-13-12-59-26
DL数の伸びやアクティブユーザー数などでランキングが決まると想定される。
ランキング自体にはリリース後○日などの成約が無いため積極的にプロモーションをしているアプリが上位にいることが多い。
※ノンプロモーションのアプリはリリースから期間が経過するとDL数は減少傾向にある。

売上トップ
top
名前の通り、アプリ売上の多い順でランキングが決まります。
数年前は有料アプリが多くを占めていましたが、現在はアイテム内課金のフリーミアム(無料)のアプリが上位を占めています。

※フリーミアム・・・アプリ自体は無料で提供し、アプリ内の機能やゲームを有利に進めるためのアイテムや仮想通貨を販売するモデル。無料アプリのため、DLの障壁が低く多くのユーザーを集めやすい。

■人気の新着(無料/有料)
shin
リリースから30日位内のアプリ限定のランキング。
DL数や有効インストール数などでランキングが決まると想定される。
新規のアプリに限定されるため、ノンプロモーションでも上位に入る可能性がある。

■最新
sai
アプリ直近のDL数の伸びがランキングに大きく影響していると想定される。
リリースしたばかりのアプリやリリースして期間が経過したアプリでもプロモーションを掛ければランキング上位に。

ランキングのポイント
ランキング上位にはリワードなどのブーストが有効ですが、ノンプロモーションでもランキングの種類によっては十分上位に入る事が可能です。

特にAndroidでは15分位内のアンインストールはダウンロードとしてカウントせず、Google PlayのランキングロジックではAU(アクティブユーザー)や有効インストール数などの要素やDLの影響期間もiOSに比べて長いため、iOSと比較してリワードなどのブースト施策が効きにくいのです。

また、DLの影響期間が長いため一度ランキングが上がるとiOSと比較するとランキングが下降するスピードは緩やかで比較的長い期間DLされることが期待できます。

※リワード・・・ユーザーに広告アプリをインストールしてもらう代わりにインセンティブとしてゲーム内通貨や商品券(アマゾンギフト券など)と交換出来るポイントを付与してDL数を稼ぐプロモーション手法。ユーザーはポイントの獲得を目的としているため、アプリへのモチベーションは低い傾向にありインストール後はすぐにアンインストールするユーザーが多い。

※ブースト・・・リワード広告などプロモーションを用いてDL数を短期間で稼ぎ、ランキングを強制的に上げる手法。

おまけ
実は、アカウント名も検索には有効だったりします。
ただし、効果はそれほど高くないのでおまけ程度に考えれば良いかと思います。

次の実践編はこちらです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
執筆:石田 哲也(いしだてつや)
Facebook:http://www.facebook.com/tetsuya.ishida.39

20歳で輸入事業を起業し、自社サイトからSEOまで自社のマーケティングを担当。
25歳でネット広告代理店に転職、大手ナショナルクライアントのSEMコンサルタントに従事。
2011年からスマートフォンにシフトし、2013年よりライヴエイドにてアプリの収益化を支援。
職歴:ISD→オプト→メタップス→ビヨンド→ライヴエイド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━