2月19日に開催したAID勉強会~アプリ市場の今を「データ」から迫る!!~のイベントレポートです!

0219

ゲストに、App Annie Japan向井様ビデオリサーチインタラクティブ(以下VRI)深田様をお迎えし、両社の独自データに基づいたアプリ市場調査や考察をお話頂きました。



トップバッターはVRIの深田様

国内スマートフォンのユーザーと広告最新動向

テレビの視聴率調査でも有名なビデオリサーチさんグループ。VRIでは主にインターネットの視聴率や広告統計等のデータを調査していらっしゃいます。


▼登壇中の深田様
深田さん

詳細は下記に貼っているスライドシェアをご覧頂ければと思いますが、
特に以下の数値などが印象に残りました。


■モバイル行為者率
※行為者率とは"1日の中で該当の行動を15分以上した人が全体に占める割合"のこと。

男女10代のモバイル行為者率は7割テレビとほぼ同じ値
女性40代以上では男性よりもモバイルの行為者率が高い
・逆にPCの行為者率では女性40代以上は男性よりも低い


■アプリカテゴリ別データ

・利用が伸びているアプリカテゴリはニュース、ショッピング、コミック
・ゲームアプリの平均利用数は、男性10代9.3個男性50代3.9個
・ゲームアプリの男性40代以上の利用内訳は上位をLINE系が独占(シンプルなゲームを好む傾向か)


▼深田様 登壇資料(一部登壇時より改変)




続いて、App Annie Japan 向井様のご登壇。

日本と海外のモバイルアプリ市況トレンド

グローバルで活躍されるApp Annieさんだからこそお持ちのデータの中で、2014年を振り返って、主にDL数や収益の観点からお話頂きました。


▼登壇中の向井様
向井さん

向井様のお話からも個人的に興味深かった点をピックアップさせて頂くと、、


■アプリストア動向(グローバル)

DL数はGooglePlayがAppstoreを約60%上回った
・が、収益はAppstoreがGooglePlayを約70%上回った


■各国の動向

米国と中国だけでAppstore DL数の45%以上を構成
米国、日本、韓国だけでGooglePlay 収益の70%近くを構成
ブラジルが躍進。両OS合計DL数で世界第三位


■各種2014年トピックス

スーパーカジュアルゲームが大活躍した1年(Flappy Birdを筆頭に)
※スーパーカジュアルゲームとは、単純なタップ動作で短時間遊ぶゲームとしてAppAnnieが定義


▼向井様 登壇資料(一部登壇時より改変)





ご登壇頂いた、深田様、向井様、お忙しいところ誠にありがとうございました!



【運営所感】

今回お話頂いたデータは市場を俯瞰するうえで非常に貴重なものばかりでした。このデータを実際にアプリの企画や運用、マーケティングレベルまでどう落とし込むか、今度はそうした実践的なイベントもやってみたいなと思っています。(スーパーカジュアルゲーム、、とってもいい響きだなぁと..)



▼ビデオリサーチインタラクティブ:http://www.videoi.co.jp/

▼App Annie:http://www.appannie.com/jp/



※アプリマネタイズのご相談もお待ちしております!
■AID(アドネットワーク):http://www.aid-ad.jp/
■スルーパス(SSP):http://www.suru-pass.tokyo/

この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。