AID/スルーパス 運営公式ブログ

スマートフォン向けアドネットワーク「AID(エイド)」、SSPの「スルーパス」運営チームの公式ブログ。
Android/iOS向けのマネタイズプラットフォームとして、
開発・DL数拡大・収益化をテーマとした記事を更新していきます。

タグ:AID

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月16日に開催した「AID勉強会"無料で出来るアプリプロモーション"」の第ニ部、リディンク株式会社 岡様のご講演をまとめました。

※第一部の内容はこちら ⇒ リリース前からユーザー囲い込み!しかも無料で!「え?無料でいいの!?」予約トップ10担当さんにお話頂きました -AID勉強会(7月16日)

ご登壇頂いたリディンク様

これまでカジュアルゲームを中心に全50タイトルリリース!

WS000007

今回お話頂いたアプリ「マジハンパナイ」

WS000008
・開発期間:2日
・審査期間:19日(広告周りのリジェクト等で苦しむ..)
・予約期間:7/2~7/11(10日間

【先に結果から】わずか10日間で2,700件超の予約を獲得!

生データ公開!

WS000009

【Android】

合計予約数:1,448件

【iOS】

合計予約数:1,308件

・予約のピークタイムは掲載開始後3~4日

・開始1週間後あたりにはかなり鈍化


<筆者コメント>
2,700件のインパクトは非常に大きいです。実際には予約開始から1週間で100件に到達しにアプリも多々ある状況ですので..

予約数を伸ばしたコツは!?「謎めかして期待感を高める」

実際に予約トップ10に掲載したアイコン、スクショなど。

WS000010
・アイコン:リリース時の内容とは異なり、爽快感のある青空に「マジハンパナイ」の文字
・スクショ:画像一切無し!アプリの詳細説明無し!

説明文はこちら。
WS000011
具体的なゲーム内容は語らず、抽象的な表現で説明。また、事前予約を後押しするような文言も記載。

全体を通して、アプリの詳細は提示していないものの、「アプリを利用した際に陥るであろう新しい感覚」、「半端ない世界観」、など抽象的ながら(いや、だからこそ)期待感を高める訴求を多用。

実際に高まるユーザーの期待(コメント欄から)

7月リニューアル後に新設されたコメントに寄せられた声。

「何これ 楽しみ」
「ちょっと面白いww」
「やばい!まじで楽しみかも♪」
「予約するわw マジハンパナイ」
「マジハンパナイであろうことは分かった」

Twitterでも..  期待の声続々...

WS000014



~そして、遂にリリースの時~

7月11日、その時を迎えました。
WS000015
実績は繰り返しになりますが、

予約数2,700件に対し、
初動(リリース当日と翌日)のダウンロード件数は、Android:500件(DL率:34%)、iOS:718件(DL率:55%

予約トップ10の平均DL率30-40%に比べても好結果に!

リリース後のユーザーの声は厳しめ..

期待値が高すぎたユーザーも..
WS000017
WS000018

リディンク様のまとめ

謎めかして期待感を高めたことで予約数が伸びた
・予約トップ10のデイリーランキング上位に入れるとその後も予約数安定
・スクショは1枚でも十分
・思ったより説明文は読まれている
・インストール数は予約数の1/3~1/2ぐらい
期待感の高め過ぎには注意!

筆者コメント

実際にアプリをDLする時と、予約をする時のモチベーションは非常に近いものがあるかと思います。なんか「楽しそう」「便利そう」「お得そう」こんなところでしょうか。
リディンク様の事例では、アイコン・スクショ等を"クローズドな内容にすること"で、ユーザーをうまく引き込めたと。ユーザーの期待と実際のアプリの距離感は難しいところですが、こうした発想は予約トップ10掲載時だけでなく、マーケットリリース時にも活用して頂ければと思います。

勉強会後のアップデート内容はこちら

ガラッと変わっている!?
WS000019

詳細はマーケットにて!

■マジハンパナイ
Appstore
GooglePlay


予約トップ10×AIDキャンペーンの詳細はこちら


※本勉強会のテーマであった「予約トップ10」は次回の「AIDちゃんねる」でも取り上げます!

【AIDちゃんねる】<全てのアプリ開発者様向け>無料で出来るアプリプロモーション!「予約トップ10」の使い方 ⇒ http://schoo.jp/class/1040



この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月16日に開催したAID勉強会"無料で出来るアプリプロモーション"の第一部、株式会社アドウェイズの西村様のご講演をまとめています。
WS000003_original

アプリの事前予約サービス(予約トップ10)とは

新作アプリをリリース前に集客(事前予約)することが可能なサービスで、最近注目を浴びているアプリプロモーション方法のひとつです。

WS000034

「予約トップ10」7月リニューアル内容

この7月に大幅リニューアルが行われ、広告費をかけられない開発者の方々でも気軽に利用可能になりました。

■ 事前予約の完全無料化(業界震撼!!)

これまで有料サービスであった事前予約がなんと無料に。アプリのジャンルに縛りはないのでゲーム・非ゲーム問わず全ての開発者が利用可能。

WS000028

・予約数の上限無し
・招待コードなどの予約特典も無料で付与可能
・アイコンやスクショ等の入稿・差替はオンライン上で可能(新規掲載時は審査有り)

【筆者コメント】
事前予約サービスはいくつかありますが、予約トップ10含めて全てこれまで有料で、人気のある広告商品でした。そんな中、今回の無料化はかなり凄いこと。通常広告出稿出来ないような方々も使えるようになったのは、これは本当にお得。

■ 予約者とのコミュニケーション機能追加

GooglePlayのレビューコメント欄のイメージ。予約掲載中のページ下部にユーザーがコメント出来る機能が備わっています。
WS000029
開発者側がユーザーコメントに返信することも可能。

■ 最新ニュースのタイムライン機能追加

ページ上部のタブに「最新ニュース」という項目が追加されています。こちらではタイムライン形式で開発者が投稿した最新ニュースが表示されます。
WS000030
予約ユーザーだけでなく全ユーザーに配信されるため、ニュースの内容も予約数を伸ばす鍵か。

例えば、

・PV作成しました
・予約特典を用意しました

といった、アプリのより詳細な情報やお得感のあるニュースなどがオススメ。

■ スクリーンショットABテスト機能追加-プレムアム機能(有料)
※AIDパートナー特典で無料利用も可能!!詳細はコチラ

最大5パターンまで、スクショを自動ランダム配信でABテスト可能。
WS000031
アプリのリリース前に、スクショの良し悪しを数値的に把握可能に。
以下、実際の利用例。

WS000033
パターンA・Bの2パターンでテスト機能を使った例です。

<パターンA>
・詳細ページ訪問数:1,008件
・CV(予約数):386件
・CVR(予約率):38.29%

<パターンB>
・詳細ページ訪問数:1,008件
・CV(予約数):455件
・CVR(予約率):45.14%

Bの方が、約7%CVRが高い結果に。
この予約率の差は実際のダウンロード率の差とほぼ等しいとも考えられます。

実際に5万DLされたと仮定すると、将来的に3,500DLも差が生じることに!!

■ 予約者限定先行ガチャ-プレムアム機能(有料)
レアアイテム・キャラクター等を先行ガチャで配布する仕組み。ガチャをまわす回数制限は、Twitterへのシェアで解除することが可能。

「予約トップ10」活用方法(事前予約以外に..)

事前予約が無料になっただけでも十分お得ですが、さらに使い倒す方法のご紹介。

■ 既存アプリ⇒新規(予約)アプリへのユーザー回遊
アプリ間のユーザー回遊と言えば、これまではリリース済のアプリ同士を繋ぐ方法しかありませんでしたが、予約トップ10の予約詳細ページ(Web)にユーザーを誘導させることで、新作の予約数・DL数拡大に貢献。
WS000035
既存アプリに十分なユニークユーザーがいるうちに、予約中の新作をアピールし、ユーザーの囲い込みを。
もちろんアプリ以外にも、自社のWebサイトやブログ、ソーシャル等からの誘導は効果的。

■ 最新ニュース機能を用いたユーザーアンケート
アプリの詳細ページだけでなく、タイムラインへのニュース配信時にもユーザーはコメント投稿可能なので、ニュースの内容を、例えば「AとBどちらのキャラクターが好み?」として、アンケート・コメントを募ることが出来ます。
WS000038

参考事例のご紹介

予約者のダウンロード率・その後の継続率や、スクショのテクニックなど。
■ アプリジャンル別予約数の事例
予約者が実際にアプリをダウンロードする割合は平均で30~40%
WS000040
上記の表から2点ほどご紹介すると、

<カジュアルゲーム(RPG系)>
・OS:iOS
・特典:なし
・予約期間:約20日間
・予約数:1,300件

<コミック無料閲覧>
・OS:iOS
・特典:なし
・予約期間:約15日間
・予約数:1,200件

■ スクリーンショットで大事なのは「ユーザーがワクワクする」か
WS000042
3つの事例ともに、スクリーンショットとしては上記画像の1枚のみを使用。
クローズドな訴求内容で、アプリの詳細にはまったく触れていませんが、予約数はかなり好調でした。

「どんなアプリか気になる」「ちょっとダウンロードしてやってみたい」

というモチベーションでユーザーは予約をすると考えられるので、
いかにそうした気持ちに乗せることができるか、そこがアイコンやスクショのポイント。
こうした、多くを語らないことで逆に注意を引く、というテクニックもあるかと思います。

■ 事前予約ユーザーのロイヤリティ
自然流入ユーザーと比べて事前予約ユーザーは継続率・課金率ともに秀でた結果に。
WS000043WS000044

<DL後の継続率>
・自然流入:約20%
・予約トップ10:約40%
※約1週間後のデータ(ソーシャルゲーム10タイトルの平均)
継続率2倍!!

<デイリー平均課金額>
⇒予約トップ10ユーザーの方が1.5倍課金している
※ソーシャルゲーム10タイトルの平均

Q&A

Q:なんで無料にしちゃったんですか?

A:全てのアプリ開発者に使って欲しいからです。 アプリって映画や本などのようにユーザーが事前に発売を知るきっかけがなかったですよね、そこで「予約トップ10」という事前予約サービスを立ち上げたわけですが、有料だと掲載出来るアプリが限られてしまう。広告費をお持ちの方々だけになりますね。そうではなく、ゲームもツールも全ジャンルのアプリの事前情報があるほうがコンテンツとして充実していると思うんです。なので、無料にして色々な開発者に使ってもらいたいです。
-

Q:予約受付の審査は厳しい?

A:基本的にアダルト・公序良俗に反するものでなければオッケーです。審査時間も可能な限り即時対応していて、掲載まではスムーズかと思います。
-

Q:ゲームが一番予約されますか?

A:有料時代に掲載されていたアプリでソーシャルゲームが多かったので、ゲーム寄りなユーザーは確かに多そうですが、以前シンプルツールアプリの掲載があった時に、2週間で1,000件弱ほど予約されていたので、是非非ゲーム系でもご利用頂ければと。
-

AID勉強会の実況中継(Twitter)

また、「#AID勉強会」のハッシュタグでTwitter上で実況中継もして頂いていました!
こちらに記載出来ていない情報もありますので、よろしければチェックしてみて下さい!

■こちらのテキストリンクからどうぞ ⇒ Twitter「#AID勉強会」での検索結果

@ktkrsoftさん、@tktm65536さん、中継ありがとうございます!!

筆者コメント

ASO、レビューサイト寄稿、ソーシャル拡散などなど、お金のかからない範囲でダウンロードを拡大するための施策はいくつもありますが、無料化された「予約トップ10」、こちらへの掲載もマストで行っていいものかと思います。マーケットに申請する際の素材がそのまま使えるのでコストもそんなにかかりませんし。
引き続き、アプリのダウンロード拡大に繋がる施策があれば、勉強会やブログ等で情報提供出来るように努めていきます!


予約トップ10×AIDキャンペーンの詳細はこちら


※上記ご講演頂いた西村様に、次回の「AIDちゃんねる」でもお話頂きます!

【AIDちゃんねる】<全てのアプリ開発者様向け>無料で出来るアプリプロモーション!「予約トップ10」の使い方 ⇒ http://schoo.jp/class/1040



この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

11

新しめでは「スマブラ」、ファミコン時代で言うと、「初代マリオ」や「アイスクライマー」なんかを彷彿させる世界観のアプリ。「Buzz Killem」。

対戦と言っても、敵はCPUだけですが、ゲームのフィールドはまさにスマブラ。3~5層構造で左右の移動幅には制限があります。
操作は画面下部の左右キーで移動。Aボタンで攻撃(銃)、Bボタンでジャンプ(2段ジャンプ可)。

各ステージのミッション(敵を10体倒す、コイン30枚獲得など)をクリアすることで、次ステージのロックが外れていき・・・といった流れでゲームは展開していきます。

個人的には、かなり好きです。そして懐かしい。
アプリでは、ほとんど見かけないゲーム/フィールド構成ですが、昔のテレビゲーム時代に慣れ親しんだ展開なので、何の抵抗もなくプレイ出来ました。

キャラクター・版権モノとの相性も良いかと。


▼スマブラ的なバトルフィールド!
 

Buzz Killem

テレビゲーム的対戦型アクションゲーム
AppStore

■ここが匠
スマブラ(昔流行ったゲーム)的な対戦型アクション

■その他情報
アメリカで無料総合23位、日本でも最高100位(2014年7月)


====================================
AID公式ブログの定期購読はこちら

◎Facebook: https://www.facebook.com/LIVEAID.inc
◎Twitter: https://twitter.com/SP_News_aid
====================================


この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WS000013

この記事を簡単に説明すると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アプリの事前予約サービス「予約トップ10」が無料化

●AIDパートナー様を対象に、「予約トップ10」オプション(有償)機能を無償提供

●スクリーンショットの最適化(ABテストによる)でダウンロード拡大に貢献

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


AIDパートナー様を対象としたキャンペーンのご案内です。

未リリースアプリの無料プロモーションの内容となりますので、これから新規アプリのリリースをお控えの方は是非ご注目頂きたく。


アプリの事前予約サービス「予約トップ10」とは?

WS000014
「予約トップ10」は現在、以下の2メディアで公開されており、映画の予告のように、"これからこんなアプリがリリースされます!!" といった紹介が並んでいます。 

・Web(両OS対応):https://yoyaku-top10.jp/
・Androidアプリ:
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.adways.yoyaku_topten

ユーザーは予約中のリストから、「あ、これは面白そう、リリースしたらやってみたい!」というものを事前予約し、その後実際にアプリがリリースされると、予約ユーザーにPUSH通知やメールでリリースの案内が届く.. といったサービスの流れです。

2014年7月より、これまで有料で提供されていた事前予約サービスが、無料化されました!


■AIDパートナー様特典:スクリーンショット「ABテスト」も無料に!


そもそも、スクショの「ABテスト」とは..
"複数パターンのスクリーンショットを同時展開し、実際にユーザーの予約数を比較するテスト" のことです。

以下の利用例をご覧頂くとイメージしやすいかと思います。
WS000015
こちらの場合、Aパターンのスクショの方が、780件÷320件=2.4倍効率良く予約を集めたということです。

アプリを予約するユーザーのモチベーションは、実際にアプリをダウンロードする際のそれと、かなり近いと考えられますので、こちらの機能でスクリーンショットの勝ちパターンをみつけて頂ければと思います!


■キャンペーン登録フロー

まだAIDアカウントをお持ちでない方はこちらから。

▼AIDアカウント申請:http://www.aid-ad.jp/
アカウント登録

①AID管理画面で予約対象アプリの広告枠を登録
WS000012

②予約トップ10のアカウント開設

▼予約トップ10アカウント申請:https://yoyaku-top10.jp/entry
WS000013

③予約トップ10に対象アプリを登録
WS000014
アプリ名、アイコン、スクリーンショットなど、詳細情報を入力、申請。審査完了後(通常5営業日以内)掲載開始。
WS000001

④「AID」担当へ特典(スクリーンショットABテスト)申込メールを送付

以下内容でメール送付をお願い致します。


----------------------------------------------

●宛先:aid@live-aid.jp


●件名:【AID特典申込】予約トップ10スクリーンショット


●本文:
 ・予約トップ10登録アプリ名:(例:カイブツクロニクル)
 ・対象OS:例:iOS、Android)
 ・スクリーンショットセット数:(例:3点)

【添付ファイル

 -セット別にフォルダ分けをお願いします
 -フォルダ内はスクリーンショット掲載順にファイル名の
    ナンバリングをお願いします
 (ファイル名例:01、02、03)


※1枚~最大5枚までを1セットに最大10セットまでご入稿頂けます

----------------------------------------------

※以下、メールと添付ファイルの記載イメージです
WS000003



■スクリーンショットABテストのレポート例
WS000004
画像が見づらくて恐縮ですが、内容としては以下のレポートが示されています。

・スクショ① ⇒ visit:939/CV:361/CVR:38.45%
・スクショ② ⇒
visit:954/CV:431/CVR:45.18%

各スクリーンショットのセットはシステムにより均等配信されるため、ほぼvisit数はスクショ毎に同数。
上記の例で見ると、CVR約5%の違いで、CV数が70件も差が生じている結果に!スクショの良し悪しによってダウンロード数にかなりの影響があると言えるでしょう。


■その他サポートなど

広告タグ設定やその他においてもご不明点・ご要望などあれば、以下までお問合せください。

▼お問合せ先:AID運営事務局(aid@live-aid.jp)

▼AID Webサイト:http://www.aid-ad.jp/


この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

WS000002

前回に引き続き、激ムズ系のゲーム紹介となりますが、こちら「Jupiter jump」は、最近アメリカのAppstore無料総合でトップ10にランクインしていました。

横スクロール型のアクションゲームですが、宇宙空間という設定のため、操作するキャラクターは月面を歩いているような感じで、"ふわーん"といったジャンプを繰り返しながら進んでいきます。障害物に1度でもぶつかるとゲームオーバー。

スコアをどれだけ伸ばせるかがゲームの主旨ですが、スコアは進んだ距離ではなく、プレイ画面内に設置されているレーザーをくぐるとことで加点(ゲーム展開は下部の動画をご覧頂くと分かりやすいです)。

この加点の仕組みが"ハイリスク・ハイリターン"になっているところが特徴的です。

障害物をギリギリで交わすと「NEAR MISS」と表示され、加点される際のポイントが1ポイント増えます。
つまり、ギリギリを攻め続けるとゲームオーバーとなるリスクがある反面、加点ポイントが増え続けるので、短時間でスコアを伸ばしやすくなる仕組みですね。

基本的にゲームはかなり難しいのですが、さらに「NEAR MISS」を攻めてゲームの難易度を上げていくかどうかがユーザーに委ねられている、というのは非常に面白いなと思います。


▼障害物をギリギリで交わしてポイントアップ
 

Jupiter jump

強制リスタート型横スクロールアクションゲーム
AppStore

■ここが匠
ハイリスク・ハイリターンな加点要素

■その他情報
スクーの"AIDちゃんねる"もよろしくお願いします!!


====================================
AID公式ブログの定期購読はこちら

◎Facebook: https://www.facebook.com/LIVEAID.inc
◎Twitter: https://twitter.com/SP_News_aid
====================================

この記事を書いた人
 福島 智晴  AIDパートナー様担当
 fukushima  facebook twitter Google+
茨城県北相馬郡出身。広告代理店、アプリ開発事業(マネタイズ担当)を経てAIDアドネットワークのパートナー様担当に。最近ドラム始めました。





aid_200

このページのトップヘ