AID/スルーパス 運営公式ブログ

スマートフォン向けアドネットワーク「AID(エイド)」、SSPの「スルーパス」運営チームの公式ブログ。
Android/iOS向けのマネタイズプラットフォームとして、
開発・DL数拡大・収益化をテーマとした記事を更新していきます。

タグ:iOS

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はいよいよ(ようやく?)アプリをマーケットに登録する準備を書いていきたいと思います。

まずは先日、無事にリリースすることが出来ましたアプリがこちら!
jjjjjjjj
アクションゲーム☆ジャンピンググランパ![完全無料]

スコア表示がおかしくなるなどバグがいくつかありますが、
ひとまず宣言通りにリリース出来て良かったです!
良かったらダウンロードしてみてください!!

第10話 アプリをマーケットに登録する準備(署名)

アプリを登録するためにはまず、マーケットに公開出来るようにビルドする必要があります!
ビルドに必要なものは今後詳しくまとめる予定ですので、今回は一番手間取ったデジタル署名について記載したいと思います。

Androidアプリをストアに公開するには、デジタル署名というものが必要らしいのです。
署名とは、文字通りこのアプリは私が作りましたよーっていうサインのようなもの・・・だと思います!
この署名の作成方法が結構厄介で、コマンドを叩いて作成するようなのですが非プログラマーの私は苦戦しまくりでした(汗

色々試した挙句、署名は作成出来たのですが、今度はアプリに署名が上手くできません(><;)
っとここで色々ググっていたらなんと!Unity上で署名が完結することが判明!!←早く気づけ

前振りが長くなりましたが、Unity上での署名の付け方について書いていきます!

まずはFileからBuild Settingをクリック!!
a

次にBuild SettingのPlayer Settingをクリック!!
a

すると、左のInspectorにアプリの設定情報が出てきますので、
こちらのPublishing Settingをクリックして、Create New Keysにチェックを入れる。
ghfdf

さらに、Keystore Passwordを入力し、Confirm Passwordにも同じく入力。
入力が完了したら、Browse Keystoreをクリック!!
これでKeystoreの保存が出来ました!
fgshsgs

次に、KeyのAliasのタブをCreate New Keyにするとこんなポップアップが出てきます。
sadsfsfsfs
それぞれの項目に下記を入力していきます。

[Alias]:署名の名前
[Password]:パスワード
[Confirm]:確認用パスワード再入力
[Validity(years)]:使用期限 (50とかで問題無し)
[First and Last Name]:作者名
[Organizational Unit]:組織単位
[Organization]:組織名
[City or Locality]:都市名
[State or Province]:地方名
[Country Code]:国番号

ちなみに、全て英数字で記載します。
これでKeyStoreの設定は完了です!
ddddddddddd
最後に、FileのBuild Settingを開いて、Development Buildのチェックを外す。
これを忘れると、AndroidManifestファイルがデバッグに書き換えられてしまいます。
sadadadadada

あとはBuildボタンを押すだけです。
これで署名付きのビルドは完成です!!

この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は3回落下するとゲームオーバーという処理を書きました。
今回はその続きで敵に当たってもカウントするような処理を実装してみます。

第8話 敵に当たったらカウントする

まずは、敵のスクリプトを探すところからはじめます。
cats

このProjectでは敵はEnemyという名前で作成されているので、
それらしいスクリプトを探します・・・ありました!
そこから敵に当たると処理が走る箇所を特定、下記のように記述されていました。

======
function OnTriggerEnter (other : Collider){
if(other.tag == "Player"){
var lvlName:String = Application.loadedLevelName;
Application.LoadLevel(lvlName);
}
}
======

これに前回作成したスクリプトを持ってきて、下記のように記述して見ました!

======
function OnTriggerEnter (other : Collider){
if(other.tag == "Player"){
var score = GameObject.Find("Deth");
score.BroadcastMessage("getDeth", SendMessageOptions.DontRequireReceiver);
{
var lvlName:String = Application.loadedLevelName;
Application.LoadLevel(lvlName);
}
}
}
======

基本的には前回作成したものと同じ動きをしてくれれば良いので、
躓かずに上手く動きました!

まだ色々と手を付けなきゃいけない箇所が多いですが、一応ゲームっぽくなってきたと思います!

【操作方法】
左右移動(←,→)
ジャンプ(Space)


次回はコインを100枚集めてLIFEが1upする機能を作っていきたいと思います。

この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は実際にUnityのAsset StoreからComplete Projectsを購入して画面に出してみました。
今回からは売れそうなゲームっぽく仕立てていきたいと思います。

第5話 主人公を変えてみる

今回はプレイヤーの画像を変えて見たいと思います。
Complete Projectsと言っても、キャラなどはわりとざっくり作っているものなのでテンションを上げるため、主人公から変えたいと思います。
まずはプレイヤーのオブジェクトを探します



ありました!!
キャラ替え
次にプレイヤーの画像を差し替えていきます。
プレイヤーの画像素材を作成して、右側のInspector内にある画像に当て込んでいきます。

今回、筆者が作成しているゲームは左右移動とジャンプの画像で計10個あるので、
元画像を見ながらそれっぽい感じの画像を探してきました!
元画像は256×256だったのですが、良さそうな画像が小さいサイズしかなかったので、32×32に切り出して使っています。

この時、注意する点として画像の内容をInspectorで設定する必要があり、そのままでは背景が透過されませんでした。

初心者で無知な筆者は、初期設定と同じ「Texture Type」を「GUI」、「Filter Mode」を「Point」、「MAX Size」を「32」に設定しました。
みどりのじいさん
変わりました!!
みどりのおじいちゃんを主人公にしてみました。
※素材はフリー素材を持ってきました

次回はマップをカスタマイズしてみたいと思います。


この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はUnityの画面について勉強してみました!
今回はUnityのAsset Storeという便利な機能を使って見たいと思います。

第4話 Asset Storeを使ってみる

筆者はド素人なので、そもそもゲームがどのように作られているのかを理解する所からスタートです。
一からゲームを作るのって大変そう。。。
完成しているサンプルを弄りながら作ってみたいなと考えていてググってみると・・・

ありました!!!!
Asset Storeというものらしいです!!

Asset Storeは、アプリ制作の素材が販売されているUnity上の機能です。
有料の素材は勿論、無料の素材も多数販売されているので、個人開発者にとっては非常にありがたい機能です。
その中には既に完成しているプロジェクトもあり、手っ取り早くアプリを作りたい筆者にはピッタリです!!
assetstore
サクッと楽につくりたいので、Asset StoreのComplete Projectsから良さそうなものを探します。
complete
3Dは難しそうなので、2Dゲームを作るのに良さそうなものを探します。



ありました!購入します。

会社から経費は出ないので...安い!簡単そう!!売れそう!!と三拍子揃ったものを探してみました。
complete2
購入します。
※初回はアカウント情報を登録する必要があります。
購入
Downloadを押してインポート・・・!?
むむ
むむっ!何も変わらない!!!!!!!
と思ったらすでに組み込まれていたようで、「File」→「Open Scene」からsceneを指定して呼び出します。
sceneはprojectフォルダ直下のAssetsの下部にある「Scenes」より呼び出します。

動いた!!!!!
うごいた
とりあえず、動いたので一安心です。

次回からはこのゲームをカスタマイズしてみたいと思います。


この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はアプリを開発することになり、まずは開発ツール「Unity」のインストールをしました。
今回は実際にUnityを弄って見たいと思います!

第2話 Unityの操作方法を勉強してみる

まずは操作方法を勉強してみたいと思います。
何も無いとよくわからないので、とりあえず物体を配置してみます。
cube
「Hierarchy」の「Create」から「Cube」を選択
cube2
四角が表示されました!!
※3Dはよくわからないので、今回は2Dボタンを押して2D表示にしています。

まずは画面の移動方法を勉強します。

【画面操作方法】
■拡大・縮小
マウスのホイール
■画面の移動
キーボードの矢印
■手ツールで移動
右クリック+マウス移動

他にもショートカットなど色々あるようですが、一度に沢山の事は覚えられないので、最低限の操作のみ覚えます。

【素材の操作方法】
素材を移動
移動
素材を回転
回転
素材を拡大・縮小
拡大


とりあえず、操作方法について基本的な所だけ勉強してみました!

次回はUnityの画面について勉強をしてみたいと思います。


この記事を書いた人
 石田 哲也  AIDパートナー様担当
 canvas facebook
神奈川県出身。輸入事業で起業後、広告代理店~リワードアドネットワーク~アプリ開発事業を経てライヴエイドに参画。




aid_200

このページのトップヘ